VintageAudio

岡山県のヴィンテージ オーディオ専門店 1950-60年代のオーディオ機材 / 修理・レストア / レコード販売

 0863-53-9922

ターンテーブル/プレーヤー 修理・オーバーホール

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム オーバーホール

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|オーバーホール後1

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|オーバーホール後1

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|オーバーホール後3

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|オーバーホール後3

仏Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステムのオーバーホールをお預かりしました。
S/N:6213

■症状
・音出ず
・アイドラー滑り
・管球式EQアンプオーバーホール

■所見
・電源ブロック後のデカップリング回路中の抵抗器の抵抗値増大(100kΩ→数MΩ)していた為、EQ段の+B電圧が掛かっていなかったので、A&Bカーボン抵抗器に交換(オリジナルの抵抗器もカーボン抵抗器)
・アイドラーのゴム部経年劣化により滑りが発生、アイドラー外周部のゴムを交換する事でアイドラーを修復する
・管球式EQアンプ内のコンデンサと抵抗器を全数チェックを行ったが、フィルムコンデンサは正常、電解コンデンサは経年劣化していた為、全て交換。マルチセクション電解コンデンサは、同じモノ(定数)が入手不可能な為、オリジナルのコンデンサ内部の入れ替え
・真空管(ECC83/EF86)各2本、Mullard製(Blackburn工場製)に交換
・アンプ部調整(L/Rゲイン調整、EQ測定)
・モーター分解/クリーニング/組み立て調整
・スピンドル、及びメカ分解/組立/グリスアップ
・外装クリーニング/エージング

■アイドラーの修復

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|修復後のアイドラー表面

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|修復後のアイドラー表面

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|修復後のアイドラー裏面

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|修復後のアイドラー裏面

■ブロックコンデンサの修復

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|ブロックコンデンサ修復1

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|ブロックコンデンサ修復1

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|ブロックコンデンサ修復2

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|ブロックコンデンサ修復2

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|ブロックコンデンサ修復3

Pierre clement Type H4 L7 プレーヤーシステム|ブロックコンデンサ修復3

■下記は規格・回路図
Pierre clement Type H4 L7

about us

Vintage Audio(ヴィンテージ・オーディオ)

ネクストイノベーション株式会社
オーディオ事業部 担当者:大塚
〒706-0224岡山県玉野市八浜町大崎430-12
TEL: 0863-53-9922
FAX: 0863-53-9655
メール:vintageaudio@csis.jp
[店舗営業時間]
10~22時(平日)/13~22時(土・日・祝日)
※ご来店の際は場所がわかり難い為、事前にご連絡頂ければご案内致します。

アクセスマップ

-ターンテーブル/プレーヤー, 修理・オーバーホール